生命保険無料相談の流れ

生命保険の無料相談は、忙しくて自分で生命保険のことを考えたり、保険の知識を積んで良い商品を探したりできないような場合にも役立ちます。そのため、無料相談に行く際には、ノープラン、勉強もせずに出向くことも可能です。

しかし、できれば自分の意見を整理するためにも、意にそぐわない契約をしないためにも、下準備をしてから相談する方が良いかも知れません。商品の比較などはネットでも出来ますし、金額も分かります。また、自分に必要な保障内容を整理するくらいは時間がなくても可能でしょう。こうした準備をしてから相談に行くと、プロとも対等に話ができます。

相談を行う場合には、まず相談の概要を伝えて相談の予約を取ります。予約の当日までに概要に沿ったプランを用意していることが一般的です。当日はメモを用意して現地に向かいます。マンツーマンの相談で商品の説明やより詳しい情報交換が行われ、最終的により良いプランが提示されます。

ただし、相談の場では即決の必要はありません。無料相談の場では通常2、3回の相談が行われます。気に入ったものでも、その場の雰囲気に流されている可能性があるため、一旦引き取って再考してから結論を出すと良いでしょう。

生命保険無料相談のポイント

生命保険の無料相談では、プロのフィナンシャルプランナーが相談に乗ってくれます。無料相談窓口の会社やフィナンシャルプランナーは複数社の生命保険会社と代理店契約を結んでいる代理店であり、その中から最適なプランを選んでもらえます。

 

無料相談を行うことで自分の取り扱いの保険会社を選んでもらえば、どの保険会社であっても利益となるので、選択の際に偏りも少なくなります。ただし、無料相談を行う会社やプランナーが取り扱う保険会社数が少なければ、その分選ぶ範囲は狭くなってしまいます。そのため、無料相談に選ぶ際はより多くの保険会社の取り扱いのあるところを選ぶことがポイントです。

 

参考|生命保険の無料相談/見直し【保険ゲート】

 

また、いくらプロのアドバイザーによる保険のコンサルタントであっても、その人自身の人生や考えをすべて把握した上でプランを立てることはできません。そのため、無料相談をする際には自分の考えも明らかにしておくことも大切です。相談する時には自分の意見や将来のライフプランも主張してみましょう。そういった考えをきちんと反映してプランを探してくれるかどうかも大切なポイントです。アドバイザー自身が意見を押し付けてくることや、こちらの意見を反映しないプランを立てるような場合には注意が必要となります。

生命保険の無料相談を生かす

生命保険は一生涯掛け続けて、一生の守りとして使い続けるものと言うイメージを持っている人も多いでしょう。しかし、生命保険の掛け金や保障内容などは生きていくうえで変化するライフスタイルや家族の形、成長や老いなどに合わせて変える必要が出てくる可能性もあります。必要な保障が得られるように、その時々で見直しをすることも大切です。
 
例えば、独身時代に掛けていた保険は自分ひとり、もしくは親の生活などの保障が中心となります。しかし、結婚や出産などしたら、今度は配偶者や子どもの生活の保障まで必要となってくるでしょう。また、さらに子どもの成長に合わせて生活に必要な保障は減っていきます。こうしたライフステージの変化は保険の見直しを考えさせるものとなります。
 
生命保険の見直しの際には、無料相談がとても便利です。無料相談では、いくつもの保険会社の商品からプロのアドバイザーがその人に合った保険プランや商品を選んでくれます。コレを利用することで、無料で保険の見直しをプロのアドバイスとともに行えます。
 
一つの生命保険会社だけとやり取りをすれば、その一社のサービス内容しか分かりませんが、無料相談では複数の保険会社から選ぶことが可能です。取り扱い会社も増えており、たくさんの人が利用しています。しかし、便利と言われる保険の無料相談も、実際にどのようにサービスを利用すれば良いか分からなければ便利に使えません。当サイトでは保険の無料相談を利用するにあたって押さえたいポイントと相談の仕方を紹介します。